沿革

◆ 2 0 0 1

1 月 ・ 平鎮工場に引っ越されました
3 月 ・ 八号機設備導入、稼動し始めた
5 月 ・ 二号機設備導入、稼動し始めた

◆ 2 0 0 2

8 月 ・ 第二セットのコンパウンディングライン設備導入
11月 ・ 永久透明帯電防止材料、導電ポリカーボネート( PC )材料開発成功

◆ 2 0 0 3

3 月 ・ KennFilm 透明散逸バッグ・チュービング薄膜新発売
6 月 ・ KennTherm サーマルグリース新発売
9 月 ・ 導電ポリカーボネート( PC )大好評
    ・ KE266 導電ポリスチレン( PS )プロテクトバンド大好評
    ・ ISO 9001 認証取得
11月 ・ 導電ポリスチレン( PS )シート大好評

◆ 2 0 0 4

3 月 ・ スリッターマシン設備導入
    ・ シルバーベース・サーマルグリース研究開発
4 月 ・ サーマルグリース量産化
    ・ 導電ポリカーボネート( PC )シート試行完成
10月 ・ グリーン I C チューブ材料承認

◆ 2 0 0 5

4 月 ・ 永久帯電防止シート大好評
5 月 ・ 金属粒子含みサーマルグリースは XC23-7783D 標準に達成
8 月 ・ 中壢工場に引っ越されました

◆ 2 0 0 6

3 月 ・ シリコン含みサーマルグリース新発売
6 月 ・ KE258 電気導電ポリスチレン( PS )コンパウンド初海外進出

◆ 2 0 0 7

3 月 ・ KE2200 三層導電 PS / PS / PS シート大好評
8 月 ・ KE266A 導電ポリスチレン( PS )プロテクトバンドシート初シンガポール進出

◆ 2 0 0 8

1 月 ・ KE2200 キャリアテープ用三層導電ポリスチレン PS / PS / PS シート・スリット初シンガポール進出
3 月 ・ KE362 キャリアテープ用導電ポリカーボネート( PC )コンパウンド改良成功

5 月 ・ KE258 電気導電ポリスチレン( PS )コンパウンド国内で大好評
    ・ KE265A トレイ用導電ポリスチレン( PS )シート初海外進出
6 月 ・ KE8660E キャリアテープ用透明帯電防止ポリスチレン( PS )シートとスリット初シンガポール進出
    ・ KE2600 三層導電 PS / ABS / PS シート 初マレーシア進出

10月 ・ KE150 導電ポリプロピレン( PP )コンパウンド
    ・ KE7161 永久帯電防止コンパウンド初ブラジル進出
11月 ・ KE268A キャリアテープ用プロテクトバンド初韓国進出
12月 ・ KE150 導電ポリプロピレン( PP )コンパウンド初マレーシア進出
歴史
    3問い合わせ